老眼とは調節力が低下してくること


人間の目には、角膜と水晶体という二つのレンズがありますが、角膜は焦点が固定されたレンズです。

遠くのもの、近くのもの、それぞれに合わせて焦点を変え、像をきちんと結ぶようにしているのが水晶体の役割です。

目に入ってくる光は、角膜、房水、水晶体、硝子体の順に通過して網膜まで届きますが、この中で、外界からの光の屈折を、唯一調節しているのが水晶体です。

水晶体は、虹彩の中央部、つまり瞳孔の内側にあります。

毛様体から出ている細かな繊維で、周囲から支えられている状態です。

そして、水晶体の調節に重要な役割をはたしているのが、この毛様体です。

近くを見るとき、毛様体の筋肉が緊張して縮みます。

するとチン小帯が緩み、水晶体は自己の持つ弾性によって厚くなり、ちょうど近くに焦点が合うようになります。

一方毛様体の筋肉がゆるむと、チン小帯は縮んで、それにしたがって水晶体が薄くなり、遠くに焦点をあわせます。

水晶体の焦点は、このように毛様体の筋肉と、水晶体自身の弾力性によって調節されているのですが、年齢を重ねるうちに、この水晶体の弾力性と調節する筋肉の力が下がっていきます。

すると、焦点を調節する機能が十分に働かけなくなってピントが合わなくなってきます。

この状態が老眼です。

調節力の低下は30代から始まる

遠視や禁止、乱視などがない普通の人の場合、10代の子供時代の調節力は10ジオプトリーくらいです。

10ジオプトリーを別の表現をすると、無限遠の遠点から手元10センチの近点まで調節が可能ということです。

これが45歳くらいになると3ジオプトリー程度になります。

3ジオプトリーもあれば、無限遠から手元33センチまでの調節が可能で、その距離なら読書も問題ありません。

この調節力の低下は30代くらいから始まり、40代半ばころになると、たいていの人が老眼の症状を感じています。

後は、進行の止まる65歳くらいまでは、はっきり見える範囲はどんどん遠のいていきます。

目の老化は、徐々に進むため「ここからが老眼」という、はっきりとした境い目があるわけではりません。

目安としては、目から30センチのところで、新聞の文字が読めるかどうかで判断して下さい。30センチ以上離さないと見えにくくなったら、老眼かもしれません。

老眼は目の生活習慣病

新聞の細かい文字を読んだり、文字を書いたり、図面を引いたり、あるいはパソコンなどのOA機器での作業など、近くを見ることを長く続けていると、目がかすんだり疲れてくるでしょう。

それが原因で肩が凝ったり、頭が痛くなったりといった症状が出ることがあるかもしれません。

このような場合は、しばらく休むと元に戻るので、自分が老眼がとは気がつかない人もいます。

近くのものを見るとき、しばらくは遠くに離すと見えますが、次第に薄暗いところでは見にくくなり、やがて明るいところでも新聞や地図などの細かい文字が読みにくくなります。

こうなって初めて自分が老眼だと気付くのです。

しかし、モノがかすんで見えたり、暗い所で見えにくくなるのは、老眼が理由とは限りません。

老眼が始まる40代後半は、緑内障や白内障など、目の生活習慣病と呼ばれる病気が多くなってくる年代でもあります。

特に緑内障は、自覚症状が少ないため、見逃してしまいがちです。

もしかして老眼かもと感じたら、眼科を受診してみましょう。

眼科を受診した時には、老眼だけでなく、目全体のチェックをしてもらいましょう。

老眼は、とくに初期の場合は、人によってさまざまな症状が出ます。

例えば、読書など近いところを見るときに、ぼやけるようになる人。

また人によっては目の疲れが大きく出てくる場合もあります。

近いところを見るときにぼやける人は、適切な老眼鏡をかければ問題はありません。

しかし、眼精疲労型の老眼は、残った調節力が、以前のように見ようと頑張り過ぎてしまうため起こるもので、そのような人は老眼鏡を使っても違和感があるでしょう。

また老眼は安定期にはいっても、メガネの度は進みます。

老眼鏡は、そのたびに自分の視力に合わせて作りかえることが必要です。

人によっては、近くのものが見えればいいということで、市販の老眼鏡で間に合わせたり、家族が使っているものを借りたりすることがあります。

しかし、度があわないメガネは目を疲れさせるとともに、頭痛や肩凝りの原因になることもあります。

メガネは眼科医を受診して検査を受け、処方せんをもらって、自分専用のものを作りましょう。

老眼鏡の作り方

老眼鏡は、正視や遠視の人が近くを見るときは凸レンズを使います。

また近視の人には、凹レンズを少し薄くして、度を弱めたものを使います。

なお軽い近視の人は、近くを見るときだけ眼鏡をはずせば、老眼鏡を使わなくても見えるケースもあります。

老眼鏡つくるときは、どんな作業するときに使いたいか、目的をはっきりさせることが重要です。

例えば読書用に使うのであれば、30㎝ほど離れて見るのがいいので、その距離に合わせて度数を決めます。

パソコン作業では、画面の大きさに合わせ40センチ程度の距離が作業に都合がいいのではないでしょうか。

また楽器を演奏するときは、50センチくらい離れた所にピントを合わせます。

また老眼鏡つくるときは、度数とともに、瞳孔間の距離を測る必要があります。

度数があっていても、瞳孔間距離があっていないと、やはり眼精疲労の原因になります。

老眼の進行速度には個人差があります。

一般的には65歳くらいまでは進みますので、見えにくくなったり、目が疲れるようになったら、眼科で検査を受けて眼鏡を作り変えましょう。

老眼鏡には、単焦点レンズと、遠近両用や遠中両用、中近両用といった多焦点レンズがあります。

それぞれの使い方、良いところ、気をつけなければならないところをまとめます。

近くを見るための単焦点レンズ

単焦点レンズの老眼鏡は、一定の距離にピント合わせて作ります。

小さな文字を見たり、図面を書いたり、長い時間細かな作業する人に向いたメガネです。

また、手芸や細工物を作る時にも向いています。

ただし、遠くを見るときは、その都度外さなければなりません。

二重焦点の多焦点レンズ

一つのメガネで遠くも近くも矯正できるレンズが多焦点レンズです。

遠近両用の場合、レンズの上部が、遠用に、下部が近用になっています。

近用は、下部全体が近用になっているものと部分的なものがあります。

境目のない累進多焦点レンズ

境目のないものは遠くも近くも連続して焦点があいます。

はたから見ても、老眼鏡とはわかりにくいレンズです。

多焦点レンズの注意ポイント

多焦点レンズは、遠近のどちらもはっきり見える視野が狭くなります。

近くを見ることが多い人は、普段は多焦点レンズを使い、長時間近くを見る作業するときは別に単焦点レンズを使うと、目が疲れにくくなります。

多焦点レンズは横のほうを見るとゆがんで見えます。

また階段を下りる時などに、波打って見えることがありますので、段差があるところのなどでは注意が必要です。

焦点が異なる部分での切り替えには、慣れるまでに時間がかかります。

まず自宅で座った状態で使って、慣らしていくのがいいのではないでしょうか。